石井みどり山梨県後援会総決起大会開催される

平成25年4月4日(木)午後7時からアピオ甲府に於いて石井みどり山梨県後援会総決起大会が150名の出席者のなか盛大に開催された。

 

来賓に は、自由民主党山梨県支部連合会会長 清水武則様、次期参議院議員立候補予定者の森屋宏様、山梨県歯科技工士連盟会長 千野秀一様、山梨県歯科衛生士連盟 会長 秋山梅花様、日本歯科用品商連盟会長 宮内啓友様、ササキ株式会社甲府支店支店長 上田修二様のご臨席を賜った。

 

冒頭、石井みどり山梨県講演会 三 塚憲二会長、山梨県歯科医師連盟 内藤敏雄会長、日本歯科医師連盟 高木幹正会長の3氏が挨拶に立ち、続いて来賓の清水武則様、森屋宏様よりご挨拶を頂い た。

 

時局講演で石井みどり先生は、「患者数が増えても、保健点数が上がっても歯科医の収入が減っている。これは指導による萎縮診療のせいに他ならない。 立法府からの改善を図っていかなくてはならない。」と2期目に行うべき論点を熱く語った。